楽天モバイルで年6万円の節約に成功!丸2年使ってみた感想

潔癖症あるある20選 | 潔癖症の特徴、あなたは何個当てはまる?

潔癖症の人って、あまり他人にわかってもらえなくてつらいですよね…。

私は、今は落ち着いているのですが、数年前まではかなりの潔癖症でした…。

そこで自分の体験をもとに潔癖症あるあるを今回つくってみました!

潔癖症かな・・・と思っている人は何個当てはまるか数えてみてくださいね!

潔癖症あるある

人と回し飲みが無理

よく飲み物を回し飲みしてますよね。特に女性だと多いのでは・・・。

他人の唾液ついていることが気になるのでできません。

他人が握ったおにぎり・お弁当が食べられない

自分の母親以外が握ったおにぎり・お弁当が食べられません。

お店の料理は大丈夫なのですが、屋台とかもちょっとだめだったり・・・。

銭湯が無理

いろんな人が入ったお湯に入れません…。家の一番風呂がいちばん。

教室1番前の席が無理

学校で前の方の席が嫌でした。先生のツバが飛んでくる気がして。

スライドドアは人目のないところでは足をつかって開ける

ドアもいろんな人が触ってるので汚いですよね・・・。

人目のないところでは足で開けてました。

人目のあるところは小指をつかって開ける

人目があるところでは足で開けるのはちょっと・・・なので手の小指で開けてました。

なるべく触れる表面積が狭くなるように気をつけて。

電気の紐のスイッチは背伸びして高いところをつまんでつける

紐の一番下にはつかむ場所がついているので、そこを避けてまだ誰も触ってないような上部の方を背伸びしてつかんでます。

手洗いの蛇口・レバーのところが無理

トイレの手洗いが自動じゃないと絶望します。せっかく洗った手が蛇口・レバーを触ることでまた汚くなる感じがするので。

ドアの取っ手がつかむのが嫌

完全に握りしめなくてはいけない系のドアは地獄です。拷問です。避けようがないのでもう思い切って触ってすぐに手を洗うようにしてます。

電車のつり革や手すりが無理

電車のつり革はどんな人が触ったか分からなくて汚いので触らないで、何にも触らずに慣性の法則にがんばって耐えてます。体幹鍛えると割と耐えれるようになります。

椅子などで人の温もりが残ってるのつらい

椅子で前に座った人の体温残っているのが最高に気持ち悪い。

便座に座るのに抵抗があるのでトイレットペーパーでカバーつくる

トイレットペーパーを便座に敷きます。最近は専用の使い捨てカバーがあるところ多くて便利ですね

風呂上がりじゃないとベットに寝転げない

風呂上がりの自分も汚いので、お風呂に入らないとベッドにいけません。

大事なもの(コレクションの漫画とか)も風呂後しかさわれませんでした。

小銭を触るのが嫌

お金っていろんな人の手に触れてきたのでよく考えると汚いですよね。

基本カードメインになりました。

中古品が無理

メルカリとか中古本屋とか人使ったものを買うのが無理…。売る専門です。

エレベーター等のボタンを押すときは第二関節か爪

ボタン等もなるべく触りたくないので、指の第二関節や爪を使って押します。

除菌ティッシュ常備

除菌ティッシュやアルコールスプレーを常備。

手に使いすぎると荒れてしまうんですが、しょうがない・・・・。

スマホは毎日除菌

自分が使っているスマホも汚いのでしょっちゅう除菌。

防水スマホ使ってたときは毎日お風呂で石鹸を使って洗ってました。

物の貸し借りが無理

人に物を貸せません・・・。潔癖症の人には安易に「貸して」と言わないようにしてあげてください・・・。

漫画や小説などには絶対にカバーをつける

買ってから手を笑ってすぐに透明カバーをつけます。読む前の手洗いも欠かしません。

 

まとめ

以上が私の体験をもとにしてまとめた「潔癖症あるある」でした。

潔癖症の知人がいる人にも読んでほしいです…。